女性の会話の本音【楽しい会話と楽しくない会話】

女性の会話の本音【楽しい会話と楽しくない会話】

女性会話に対する本音をご存知でしょうか?

 

女性心理では、目の前にいる人を不快にさせたくないと思う理由から相手に合わせる傾向があります。

 

相手に合わせるというのは、人間関係の上でとても大切なことです。

 

悪いことではありません。

 

でも、これを女性の本心と受け取ると折角のチャンスを逃してしまうことになります。

 

というのも、女性はあなたの話を面白くない、つまらないと思っていても不快にさせたくないので、興味があるフリ、楽しいフリをしてしまうのです。

 

この態度に騙されてしまうと次のデートはありません。

 

あなたは昨日の彼女との会話が盛り上がったと思っていても、女性としてはつまらなかったから次のデートの誘いはお断りしようと思っているかもしれないのです。

 

この女性の”相手に合わせる”という心理を見抜けないと2回目のデートはありません。

 

女性が本当に興味をもって聞いているのか?つまらないと思って聞いているのか?女性をよく観察することが大切です。

 

女性を観察するとは、

 

  • 相槌をうってくれているか?
  • あなたの話に質問をしてくるか?
  • あなたの目を見て聞いてくれているか?

 

などです。

 

女性と態度や仕草からあなたの話を興味をもって聞いてくれているかを判断することが大切です。

 

 

ただ、女性心理としては人の話を聞くより自分が話したい気持ちが強く、それが本音です。

 

あなたがしゃべることも大切ですが、女性に話をさせる、話を聞きだすことも重要です。

 

そうすることで、女性はたくさんしゃべったと満足し、あなたとの会話が楽しかったと感じるのです。

 

女性を会話で楽しかったと満足させるには、女性にたくさんしゃべらせることです。

 

あなたばかりしゃべっていては、女心を楽しませることはできません。

 

会話のバランスを考えることが大切です。

 

理想は、女性8:男性2くらいでしゃべるとよいでしょう。

 

 

 

女性があなたの話を聞いているフリをしている態度に騙されてはいけません。

 

女性をよく観察し、女性の興味が今、どこにあるのかを見極めましょう。

 

と同時に女性にしゃべらせましょう。

 

この2点を注意すれば女性を楽しませる会話ができます。

 

あなたのアピールトーク中心の会話にならないように気をつけましょう〜

女性の会話の本音【楽しい会話と楽しくない会話】関連エントリー