女の子の会話の特徴

女の子の会話の特徴

女の子会話特徴があるのを知っていますか?

 

女の子同士の会話は、男同士の会話と少し会話の仕方が違います

 

この女の子の会話の仕方を知らないために、イライラしたり、怒ってケンカしているカップルをよく見ます。

 

女の子の会話の仕方のルールを知れば、相手を理解することができ、無駄にイライラしたり、怒ることがなくなるので、今回は、女の子の会話の特徴についてご紹介します。

 

 

 

女の子の会話の特徴として大きなところは、会話に結論がないことです。

 

男同士の会話では、相手に結論を求めます。

 

「結局、何が言いたいのか?伝えたいのか?」をはっきりさせたいと思います。

 

逆に結論がない会話は、イライラします。

 

でも女の子の会話では結論・結果は重要視されていません。

 

女の子は会話の過程を楽しむからです。

 

そして、過程の話をしながら共感し合う事で会話を「楽しい」と感じるのです。

 

あなたは女の子の会話に共感していますか?

 

 

また、女の子の好きな会話ネタ、盛り上がる会話ネタの特徴として「あるあるネタ」というのがあります。

 

この「あるあるネタ」とは、そういうことあるよね!という話題(ネタ)を言って、会話を盛り上げる方法です。

 

テレビのお笑い芸人のネタ番組を見ていると、よくあるあるネタをやっています。

 

観客も女の子が多く、あるあるネタで爆笑しています。

 

日常生活をよく観察し、あなたなりのあるあるネタをためておくと、女の子を楽しませることができますよ!

 

 

女の子と会話をするときは、よく「聞き上手になれ、聞き役になれ」と言います。

 

もともと女の子は会話好きですから、男は女の子の話に相槌を打つことが大切と言われます。

 

相槌を打つことが、今回ご紹介した「共感する」にあたいします。

 

でも、から返事では、女性も機嫌を損ねてしまうので、ちゃんと女の子の会話を聞く態度を見せてあげてくださいね。

 

女の子の会話の特徴を理解することで、より二人の絆を深めることができますよ!

 

あなたは女の子の会話の特徴に合わせて会話していますか?

女の子の会話の特徴関連エントリー