彼氏持ちのデート代を共用財布で割り勘や節約

彼氏持ちのデート代を共用財布で割り勘や節約

「彼女が全くデート代を支払いしてくれない!」

 

「割り勘してほしいとは言いにくい・・・」

 

あなたもこういう悩みはないでしょうか?

 

世の中の多くの女は、「デート代は男が支払いをするもの!」と思っています。

 

彼女より年上の男の場合が多いですし、となると経済力も上と考えているからです。

 

なので、デートで食事後に彼氏がおごりでごちそうしても、それを当たり前(当然)と思っていたり、感謝の言葉もない女は結構います。

 

それも困りますよね?

 

中には感謝の言葉「ありがとう♪」「ご馳走様♪」を言ってくれる女の子もいますが、毎回全額デート代や食事代を彼氏が支払っていたら、お金がきついのも現実問題としてあります。

 

なので、何とかして彼女にも多少はデート代を支払ってもらいたい!

 

そこでおすすめなのが、共用財布(共通のお財布)を作ることです☆

 

 

共用財布のメリット

 

共用財布というのは、カップルがお互いの財布からデート代をいくらか出し合って入れておく財布のことです。

 

平均的には男がやや多めに出すことが多いですが、女の子と同額でも全く問題ありません。

 

ふたりでいくら出すか話し合って決めましょう。

 

 

共用財布のメリットとしては、

 

  • お互いの金銭感覚がわかる
  • デート代の節約ができる
  • お金の管理ができるかどうかがわかる

 

などがあります。

 

結婚前に知っておいた方がよいことばかりなのでおすすめです♪

 

 

 

デート代を1円も出してくれない、出さない女はたくさんいます。

 

それはその子が、「デート代は男が出すのが当然!」と思っているのか、前の彼氏がいつも全額出していたからなのか、あなたの男のプライドを傷つけないためになのかわかりません。(訊いてみないと)

 

でも、その理由を聞くのも言いにくいですよね・・・。

 

そうならないためにも、共通の財布を作ることはいろいろとメリットがあります。

 

「お金がない時は割り勘にすればいい!」

 

と思うかもしれませんが、女心としては、

 

「お金がないならデートに誘わないで!ありえない!」

 

と思うものなのです。^^;

 

金欠の時は、デートをしないやデートの回数を減らす方法もありますが、共用財布の残金を彼女が知っていれば、それにあったデートプランを立てればよいので、気持ちも楽です。

 

デート代の支払いのことで喧嘩にならないように、またあなたがストレスにならない方法として、共用財布を考えてみてくださいね〜☆

彼氏持ちのデート代を共用財布で割り勘や節約関連エントリー