2回目のデートに繋がらない態度

2回目のデートに繋がらない態度

2回目デートに繋がらない態度は、どんな態度だと思いますか?

 

「1回目のデートはできるけど、2回目のデートに繋がらない・・・」

 

そういう人、結構多いと思います。

 

その理由としては、1回目のデートで何らかのミスをしているのです。

 

女心が引くような態度をとってしまっているのです。

 

では、一体初デートでどんな態度をとると2回目のデートに繋がらないのでしょうか?

 

 

お金系によるミス

 

お金系で初デートにミスしている人が結構います。

 

例えば、食事代を割り勘、または彼女に全額払わせる

 

これは初デートで絶対にタブーです。

 

女性心理では経済力のある男に好意をもちます。

 

食事代を割り勘や彼女に全額支払いをさせたりすると経済力のある男とは見られません。

 

自然な流れで2回目のデートに繋がらないでしょう。

 

 

他にもお金ない発言やケチケチした態度など、経済力がないと思われる態度をとるのは初デートではNGです。

 

 

マナー、態度が悪い

 

マナーや態度が悪い男に女心が惹かれることはありません。

 

性格に問題あり!と判断されるからです。

 

マナーが悪いというと、

 

  • 食事の仕方が汚い
  • お店の店員さんに横暴な態度
  • ポイ捨て
  • 道端に唾をはく
  • 行列に割り込みをする

 

などなど。

 

一般的にこれらの態度は、あまり評価されないですよね?

 

このようにマナーがなっていない、悪い態度をとると初デートで女の子の恋の炎は冷めます。

 

一般常識的態度とはどういうものかを理解しておくことが大切です。

 

 

言葉遣いによるミス

 

言葉遣いで失敗している人は、たくさんいるようです。

 

”口は災いの元”とはよく言ったものです。

 

初デートでの発言、言葉、会話には注意する必要があります。

 

女心に嫌がられる言葉の使い方としては、

 

  • 人の悪口
  • 愚痴
  • 自慢話
  • デリカシーのない発言
  • 寒いギャグ

 

などなど。

 

黙っていればうまくいったデートもこのような失言をしていては、2回目のデートにつながりません。

 

初デートでの言動には十分注意する必要があります。

 

 

 

このように2回目のデートに繋がらない態度、つまり初デートで失敗する態度はいろいろあります。

 

どれも無意識にやってしまいそうなことばかりなので、今回の例をしないように意識することが大切です。

 

もしあなたに心当たりがある場合は、改善する努力をしてみてくださいね〜

2回目のデートに繋がらない態度関連エントリー