第一印象が悪い方が女を惚れさせやすい

第一印象が悪い方が女を惚れさせやすい

第一印象は良い方がよい」と聞いたことはないでしょうか?

 

 

 

確かにそうなのですが、

 

恋愛においては第一印象が悪い方が女を惚れさせやすい傾向があります。

 

 

 

ただ、もちろん第一印象が良いと仲良くなりやすく、恋愛に発展するというケースもあります。

 

 

 

どちらがよいのかは、あなたのその時の状況によって使い分けるとよいと思いますが、今回はなぜ男に対する第一印象が悪いと女は惚れやすいのか?の女性心理についてご紹介します。

ギャップを出すことができる

 

第一印象が悪いと女の子から嫌われてしまい、惚れさせることができないのでは?と思う人も多いと思います。

 

 

 

確かにリスクがあるように思えますが、そこは恋の達人などモテる男は気にしません。

 

 

 

モテる男は、「嫌われてもいいじゃん♪」くらいの気持ちで女の子にアプローチしているからです。(嫌われることを恐れていない)

 

 

 

その自信のある態度が、女心をつかみ、惚れさせているのです。

 

 

 

なので、最初は雑と思うような態度で女の子に近づきます。(少し冷たいくらいの態度)

 

 

 

優しさなどみじんも見せません。

 

 

 

そうすることで、女の子から見た場合、

 

 

「冷たい人ね」

 

「何!この人!」

 

「失礼な人!」

 

 

などの印象になります。

 

 

 

女の子の中で最低のランクになります。(^_^;)

 

 

 

で、これから何もしなければ、ただの「嫌な奴」で終わってしまいますが、悪い印象をもたれたら次に良いこと(やさしいこと)をします。

 

 

 

ここがポイントで、現状女心の中で最低のランクにいるので、ちょっと良いことをするだけでグーンと株が上がります♪

 

 

 

こうすることで簡単にギャップが生まれるわけです。

 

 

「え?この人、こんな人だったの??」

 

「いいとこあるじゃん♪」

 

 

みたいに驚きます。(←女心を揺らす)

 

 

 

この瞬間、女の子が惚れるのです。

 

 

 

この女心に驚きや意外性を感じさせることが、第一印象が悪いと次に良いことをした時にできるので、女を惚れさせることができるわけです。

 

 

 

ギャップの出し方 - 恋愛編』でもご紹介しましたが、これがギャップ効果です。

 

 

 

女心はギャップに弱いと言われています。

 

 

 

第一印象が悪いことで、比較的簡単にギャップを作ることができるので、惚れさせやすいのです。

 

 

悪い印象から良い印象にするのは簡単

 

悪い印象から良い印象にするのは、ちょっとした気遣いや優しさを見せるだけでできるので比較的簡単です。

 

 

 

逆に良い印象をもっと良い印象にするのには、サプライズを仕掛けるなど努力が必要になります。

 

 

 

しかも、第一印象が良かった場合、少し悪い態度や性格が見えただけでガクッとイメージダウンしてしまいます。

 

そして女心も冷める、という、、、。(^_^;)

 

 

 

第一印象が悪い場合は、少し優しくしただけで好感度アップしますし、最初が悪い印象なので、その後も少し悪い態度をとったとしても「この人は、もともとそういう人」と許容範囲と見られ、許してくれやすいです。

 

 

 

そんな理由から惚れさせた後は、飽きられにくい、冷めにくいというメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

 

このように「第一印象が悪い」というのは、最初はリスクがありますが、ギャップ効果を狙ってうまくアピールすることができれば、その後のお付き合いもうまくいきやすいです。

 

 

 

第一印象を悪くするというのは勇気がいりますが、女心をつかむテ1つのクニックとして活用してみてくださいね!

第一印象が悪い方が女を惚れさせやすい関連エントリー