女が勘違いの好意かと思わせて惚れさせる方法

女が勘違いの好意かと思わせて惚れさせる方法

女を惚れさせる方法として大切なのは、あなたを異性として意識させることです。

 

恋愛対象として意識されなければ、いつまでもただの友達のままです。

 

恋への発展はありません。

 

ではどうやって女の子に意識させるか?

 

 

「あたしの勘違い?」と思うような微妙なアプローチをする

 

好きな女の子にあなたを意識してもらうためには、女の子の頭の中であなたのことを思い浮かべてもらわないといけません。

 

つまり、あなたのことを考えるきっかけを作ることが必要です。

 

何かきっかけがないと、ただの友達のことを自宅に帰ってひとりになった時に思い出したりしないですよね?

 

お風呂の中で湯船に浸かってボーとしている時にふっと思い出す存在にならないといけないのです。

 

ではどうやってあなたのことを思い出させるか?

 

それは女の子が気になることを言うのです。

 

例えば、好きな女の子にこんなことを言ってみます。

 

「今日のヘアスタイルいいね♪俺の好みのタイプ!」

 

「○○ちゃんの弁当おいしそうだね♪○○ちゃんみたいな料理の上手な人と結婚したいな♪」

 

こんな軽いノリの言葉を伝えます。

 

これはボクシングでいうジャブみたいなもので、こういう軽い感じのセリフを何度か繰り返して言っているうちに、女の子はあなたのことを意識しはじめます。

 

「あの言葉は一体なんだったのかしら・・・?」

 

と自宅に帰ってひとりになった時にふっと思い出します。

 

この時点では、女の子も

 

「あたしの勘違いかも・・・。違うよね?まさかそんな・・・」

 

みたいな微妙な気持ちになっています。

 

そして、この心理状態が続くと彼女の頭の中にたびたびあなたが登場するので意識するようになり、いつの間にか好意をもっているというわけです。

 

あなたを恋愛対象として意識しだすと女の子も態度も微妙に変わってくるでしょう。

 

彼女からあなたに話しかけてくることが多くなったり、近づいてくることが多くなったり。

 

そんな態度の変化があれば脈ありと判断してタイミングを見計って告白しましょう!

 

脈ありと判断できれば告白は必ず成功します。

 

勘違いと思わせ惚れさせる方法の流れはこんな感じです。

 

 

 

”恋は勘違いからはじまる”とも言います。

 

女の子が勘違いしてしまいそうな微妙なアプローチをして意識させる努力をしましょう!

 

あなたが彼女にとって気になる存在になればこっちのものです。

 

まずは意識付けからはじめてみてくださいねー^^

 

 

関連記事

 

間接的に好意をアピールする方法

 

好きと告白せずに落す

女が勘違いの好意かと思わせて惚れさせる方法関連エントリー