間接的に好意をアピールする方法

間接的に好意をアピールする方法

間接的好意アピールする方法があります。

 

普通は、好きな女性に対して「好きだよ。」「付き合ってほしい。」と直接的に好意をアピールする人が多いと思いますが、女性はあまり好意をもっていない男から言われると警戒して距離を置く傾向があります。

 

女心としては、直接的でなく間接的に好意をアピールされると心にグッとくるのです。

 

今回は、間接的に好意をアピールする方法をご紹介します。

 

 

 

間接的に好意をアピールする方法のコツとしては、女性に「この人、私に気があるのかな?」と思わせることです。

 

直接、言葉で「好きです。」と言えば、女性心理としては「この人、私のこと好きなんだ。何されるかわからないから、ちょっと距離を置くとしよう。」と思います。

 

でも、間接的な言葉で好意をアピールして、女性に「この人、私に気があるのかな?」程度で伝えると女性心理に警戒心を抱かせずに好意の気持ちをアピールできるのです。

 

では間接的に好意をアピールする方法とは、どういうやり方でしょうか?

 

コツは、あなたの好きな人を目の前に空想を話すことです。

 

「こんな彼女がいたらいいなぁ。」という空想を好きな人を目の前にして話すのです。

 

すると、勘のよい女性は「え?それってあたしといたいって意味??」と、とってくれます。

 

つまり、半分、好意の気持ちをアピールできるのです。

 

そして、あなたから好意の気持ちをアピールしたわけではなく、独り言のように言うことで、女心に警戒心をもたせないのです。

 

 

この間接的に好意をアピールする方法で、女性がそのあなたの妄想・空想話にのってきたら、脈あり!と判断できます。

 

デートに誘うことも簡単ですね!

 

もし、あなたの空想話にのってこなかったら脈なし。

 

または、あなたの間接的な好意のアピールに気が付いていないだけ(鈍感?)かもしれません。

 

そのときは、気を落さずにまた間をあけて、アピールしてみましょう。

 

女性が警戒心を抱かずにあなたの好意の気持ちをアピールする方法は、直接的に好意を伝えないことがコツです。

 

もちろん、直接的な言葉で好意をアピールするとよい場合もあります。

 

 

 

今回はどちらかというとまだそんなに親しくない女性に対して(警戒心をもっている女性)好意をアピールする方法です。

 

あなたの好きな人の心理を見極めて、直接的な言葉でアピールするか、間接的な言葉でアピールするかを考えてみてくださいね!

 

あなたは好きな人へ上手にアピールできますか?

間接的に好意をアピールする方法関連エントリー