下ネタ話は女性が引くので付き合うまでしない理由

下ネタ話は女性が引くので付き合うまでしない理由

下ネタ話、下ネタ的発言は、一般的には引く女性が多いです。

 

女性に下ネタ話をするとその気になると思っている男が多いようですが危険です。

 

下ネタ話をした途端、その女性から恋愛対象外になる可能性大だからです。

 

 

 

するとしても、好きな女性と付き合うまでしない方がよいでしょう。

 

その理由をご紹介します。

男の下ネタ話に対する女性心理

 

女性が男の下ネタ話に対してどう思っているかと言うと、

 

  • しつこい
  • 適当にあしらう、かわす
  • どうやってかわすか悩む
  • セクハラ野郎
  • 付き合いで我慢している
  • 上辺では会話をあわせるけど、本当は嫌

 

と思っている女性がほとんどです。

 

 

 

笑顔で男の下ネタ話を聞いていても本音は「このゲス野郎!」と思っていたりするのです。

 

すべての女性とは言いませんが、職場の飲み会などで男から下ネタ話がでてもその場の空気を乱したくないと思うので、我慢して合わせていたりするのですね。

 

調子にのると職場で口をきいてくれなくなるかもしれません・・・。

 

 

 

また中には女性から下ネタ話を聞きだそうとしつこく質問する男がいます。

 

 

○○ちゃん、胸、大きいね♪どうしてそんなに大きくなったの?

 

 

こういうセクハラ的な質問をする男はマジ嫌いされて、目も合わせてくれなくなるかもしれません。^^;

 

気をつけましょう!

 

 

段取り、順番がある

 

恋愛には順番があります。

 

1.女性と知り合う(初対面)

 

2.会話する(顔見知りになる)

 

3.仲良くなる(友達になる)

 

4.付き合う(カップルになる)

 

5.手をつなぐ(スキンシップ)

 

6.キスする

 

7.ホテルへ行く(部屋に行く)

 

一般的な女性とのお付き合いの流れはこんな感じです。

 

”1.知り合う”からいきなり”5.手をつなぐ”とかは普通は無理です。

 

女性もいきなり手をつながれたらびっくりしますからね。^^;

 

 

 

一般的にはこのような流れで男と女はカップルになります。

 

この順番を飛ばして先に進もうと焦ると女の子に嫌われる危険性が高くなるというわけです。

 

 

 

※例外として、合コンや結婚前提でのお見合いなどで知り合った場合は、出会ったその日にホテルへ行く女の子もたまにいます。^^;

 

 

下ネタは付き合うまでしない

 

顔見知りの段階や友達関係の段階で下ネタ話をするということは、いきなり女性をホテルへ誘うようなもので引かれます。

 

 

この人、下心ありありね・・・。

 

 

と判断され、女性の恋愛対象から外されてしまいます。

 

眼中からなくなってしまうのです。(距離をおかれてしまう)

 

 

 

そんな下心ありのキャライメージがついた後にお目当ての彼女を口説くのは至難の業です。

 

ハードルが高くなります・・・。

 

 

 

なので、女を口説くハードルをあげないためにも、下ネタ話は付き合うまでグッと我慢した方が無難です。

 

清潔感のあるいやらしくない男を演じましょう!(下心のある本性を見せてはだめ)

 

 

付き合った後ならOK?

 

付き合った後、交際がはじまって大人の関係、体の関係になった後なら多少の下ネタは受け入れてくれるでしょう。

 

でも、それでも女心にも限度はあります。

 

 

 

あまりにもえげつない表現具体的な表現などをしているとやっぱり引かれてしまうので、その線引きは必要です。

 

一線を越えないように発言、言葉には十分気をつけましょう!

 

 

 

 

 

 

 

下ネタ話をして女をその気にさせるのには危険が伴います。

 

ただの「性格が嫌い!」ではなく、「人として気色悪い・・・」「生理的に無理!」と言われないように発言には十分注意しましょう〜^^

下ネタ話は女性が引くので付き合うまでしない理由関連エントリー