バレンタインのお返しに期待する女の心理

バレンタインのお返しに期待する女の心理

2月14日のバレンタインは、女性から好きな男性へチョコを渡す日というのがそもそもの定義ですが、ここ最近はいろいろなかたちがありますよね?

 

女子が友達同士でチョコを交換し合う友チョコだったり、娘が父親にチョコをプレゼントしたり、義理で男友達や会社の同僚にチョコを渡したり。

 

そんなとき、女性心理としては何を考えているかわかりますか?

お返しちょうだい♪

 

記事タイトルにも書きましたが、そうです、お返しを期待しているのです!

 

お返しありきのバレンタインなのですね。^^;

 

 

 

しかも、女の期待度をなめてはいけません。

 

男子には自分が渡したチョコの値段の約3倍くらいのお返しを期待しています。(厚かましいw)

 

その3倍のお返しを最初から期待してバレンタインにチョコを渡すのです。

 

ホワイトデーを楽しみにして。

 

そういうチョコ、もらいたいですか?(笑)

 

 

女の性格は?

 

もちろんすべての女性ではないです。

 

女性の性格によります。

 

「お返しをくれるなら何でもいいわ♪」という女性もいます。

 

お返しを最初から期待していない女性もいます。

 

あざとい女のみの話です。^^;

 

でも結構あざとい女が多いと思うのは私だけでしょうか?

 

 

女を喜ばせたいなら

 

チョコをくれた女を喜ばせたいなら、やはりもらったチョコの値段より3倍とは言わないまでも、少し高い値段の物をお返しすると喜んでくれるでしょう。

 

300円くらいのチョコをもらって10円のチョコをお返ししたら、さすがに女も「ショボっ」って思います。^^;

 

ここは少し見栄をはってでも、良い物(高い物)をお返しした方が女性も喜びますし、テンションも上がります。

 

 

 

チョコをくれた女の子と今後も良い関係を続けたい場合は、真剣にお返しの品、仕方を考えた方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

「お返しを期待されるバレンタインチョコなんていらない!」と言いたくなるかもしれません。

 

お返しを考えるのって人によってはめんどくさいかもしれません。

 

でも、「なんでもいいからチョコをくれ!」「義理でもいい!」という人もいると思います。

 

 

 

人によってバレンタインの日をどう思っているか違うと思いますが、チョコをきっかけに女性とコミュニケーションをとれる日でもあります。

 

バレンタインがなかったら身近にいる女性と会話するきっかけが全くないということはないでしょうか?

 

周りにいる女性とコミュニケーションをとる意味でもバレンタインの日をどうするか?(どう利用するのか?)を考えてみるとよいですよ。^^

 

 

 

「彼女がいない!」「彼女がほしい!」なら、バレンタインをよいきっかけにしてくださいね〜☆

バレンタインのお返しに期待する女の心理関連エントリー