ちょっとした言葉で傷つく女心

ちょっとした言葉で傷つく女心

女心は男のちょっとした言葉で傷つくことが多いです。

 

もちろん男に悪気はありません。

 

女性を傷つけるつもりで言ったわけではないのに女心は傷つくのです。

 

では一体どんな男の言葉に女心が傷つくのでしょうか?

 

 

今回ご紹介するのは2つのパターンです。
(悪気のない男の言葉の場合です)

 

  • 思いやりのない言葉
  • 疑う言葉

 

 

 

1.思いやりのない言葉

 

例えば、彼女が運転している車で渋滞にはまったとします。

 

でもあなたの感覚では意外と早く渋滞をぬけました。

 

そこでひと言。

 

あなた「意外と早く渋滞ぬけてよかったね♪」

 

気軽にこういう言葉を言いませんか?

 

でも女心は違ったりします。^^;

 

女心としては、

 

「全然早くないわよ!イライラするわ!運転変わってよ!」

 

と思っていたかもしれません。

 

女性は本音を言葉にしないことが多いので気が付きにくいかもしれませんが、軽はずみな言動は慎まないといけません。

 

 

また最近ではテレビで、

 

「結婚した方がいいんじゃないか?」

 

「結婚しないの?」

 

「結婚した方がいいよ。」

 

という言葉がセクハラ発言になっているので、一見思いやりのつもりで言ってしまいそうな言葉ですが、注意が必要です。

 

 

2.疑う言葉

 

女心は自分を疑われると傷つく場合があります。

 

例えば、女性が「私、料理が得意なの♪」と言ったとします。

 

で、あなたはその場のノリでこう言いました。

 

あなた「えー、うそ!意外!ほんとにできるの?(笑)」

 

こういう冗談のつもりで言ったような言葉で傷つく女性がいます。^^;

 

冗談が通じないパターンです。

 

女性の性格にもよりますが、女性を疑う言葉を言うと心を閉ざされてしまう場合があるので注意しましょう。

 

 

 

他にも女性を否定するような言葉を言うと傷つく場合があります。

 

言い出すときりがありませんが、男と女の心理は全く違うと認識しておくことが大切です。

 

女心がどんな男の言葉で傷つくか?

 

理解しておくことが仲のよいカップル・夫婦を続ける秘訣です。

 

女心を知る努力を怠らないようにしましょう〜

ちょっとした言葉で傷つく女心関連エントリー