食事(料理)に文句を言うと傷つく女心

食事(料理)に文句を言うと傷つく女心

彼女が作ってくれた食事(料理)に文句を言うと女心が傷つきます。

 

しかも、永遠に根に持つことが多いです。

 

「あの時、あたしの作った料理に対してあんなこと言ったよね?」

 

「何年前の話をしてるんだ!」と怒りたくなるくらい根に持ちます。

 

ある意味、食べ物の恨みは恐ろしいのです。

 

彼女が作ってくれた料理に文句を言わないように注意しましょう。

 

 

もし文句を言うと・・・

 

もし彼女が作ってくれた食事に対して文句を言うといろいろな仕打ちが待っています。

 

  • 食事を作るのをボイコットされる(ストライキに入る)
  • 「まずいと思うなら今度から自分で作って!」と言われる
  • 食事を作る気がなくなる(作らなくなる)
  • ショックで落ち込む
  • 深刻に考える
  • イライラされる
  • 嫌われる → 恋人(夫婦)関係がこじれる

 

など、よいことはありません。

 

彼女が作ってくれた料理には、極力難癖をつけずにおいしくいただきましょう。

 

 

それでも口に合わないと思ったら・・・

 

彼女と一緒に食事を作ってみましょう。

 

または、味の好みを彼女に伝えて味の調整をしてもらいましょう。

 

文句だけでは、彼女も気分を悪くし、落ち込んだり、イライラするだけです。

 

何らかの改善策が必要なので、その辺は協力しましょう。

 

 

 

食の好みは結婚してからもずっと引きずります。

 

一番よいのは食の好み(味付け)が同じ人と付き合う(結婚する)のがよいのですが、すべての料理の味付けが合う人は、なかなかいません。

 

生まれ育ってきた食の環境が違うので、その辺はお互いが理解し合うことが必要です。

 

料理が上手い下手で彼女や嫁さんと喧嘩したくないですよね?

 

結婚した後で奥さんがママ友に、

 

「旦那があたしの作った食事にいちいち文句を言うのよ!」

 

と愚痴ることもあるので、作ってくれた食事の感想には十分注意しましょう〜

食事(料理)に文句を言うと傷つく女心関連エントリー