ワリカンした時の女性心理

ワリカンした時の女性心理

ワリカンにした時の女性心理はわかりますか?

 

女性にもワリカンがいい!という女性とワリカンは嫌という女性がいます。

 

デート代は、ワリカンにすべきかどうか?

 

これは男女ともに考え方が違うので、一概にどっちが正しいとは言えません。

 

今回は、ワリカンした時の女性心理についてご紹介します。

 

 

 

まず、デート代のワリカンは嫌!という女性心理からご紹介します。

 

男から好きな人に声をかけて誘った場合、一般的な女性の意見は、男がおごるべき!という女性心理があります。

 

それは、男からデートに誘ったからという理由ともうひとつは、男には女性におごるくらいの経済的余裕をもっていてほしい、という女性の男に対する願望です。

 

女性は、ワリカンにするようなお金にケチな男とは、結婚したいと思わないのです。

 

結婚後もお金に対して細かいことを言われる、と想像してしまうからです。

 

 

では、ワリカンOK!という女性心理はどういうものでしょうか?

 

すべての女性ではありませんが、男側に借りを作りたくない、という心理があります。

 

おごられると後で告白されたら断りづらいなどの理由から警戒してワリカンOKという心理があります。

 

また、お付き合いする前ならただの知人同士、お友達同士だからワリカンで問題ない、という女性もいます。

 

デート代のワリカンOKという女性は珍しいですが、中には極端におごられることを嫌う女性もいるので、デート代の会計をする時は、女性の機嫌を損ねない配慮が必要です。

 

基本的にはデート代の会計は、男のおごりが無難です。

 

女心をつかむには、デート代はおごるつもりで、ワリカンにしないという心構えで望むことをオススメします。

 

会計時にどうしてもワリカンがいいという女性がいたら、ワリカンに応じましょう。

 

女性には女性なりの理論があったりします。それを強引におごるという手もありますが、まだ相手の女性の性格や考え方を知らない内は、相手の女性の意思に合わせたほうがよいです。

 

かっこつけて強引におごったら、次のデートに誘っても拒否させることがありますから。^^;

 

あなたは好きな人とのデート代はワリカンしますか?

ワリカンした時の女性心理関連エントリー